開発実績

過去の開発事例

・TypeCディスプレイコントローラ

Type-Cホストからディスプレイポート信号を要求し、HDMIに変換しHDMI信号からオーディオ信号の取り出し及びMIPIのDSI信号を出力を行っています。
また、カメラから来るMIPIのCSI信号をUSB3.0に変換し、Windowsの標準カメラデバイスに対応した通信方式で接続できるようにしています。

 

・セルラー通信ヘルスモニター


3G通信、GPS通信が出来る子基板と各種センサデータを集める親基板から成るデバイスです

心拍は既存のICではなく信号強度の弱い部位にも使えるようにオリジナルでアナログフロントエンドから設計しました

エナジーハーベスト・センシングIoTデバイス

太陽電池から充電を行い電源なしで長時間駆動する監視用デバイスです。長距離レンジのBluetoothを搭載し親機にデータを集中的に集めます。

・ウェアラブルヘルスモニター

睡眠時の向いている方向や、心拍、体表音を取得することのできるデバイスです。BLE4.2ですがパワーアンテナを使用することで実環境でも数十メートルのレンジで通信できるようにしています。

・多分岐照度センサ

最大8つまで照度を計測でき、USB経由でコマンドラインで値を取ることができるデバイスです。一部のセンサがなくなっても自動で認識し、ホストはコマンドで知ることができるようになっています。照度センサは精度良く取るには、出力レンジが大きいため感度もコマンドで段階的に調整できるように設計しています。